アウトドアビジネス特化公認会計士、独立開業1年目の振り返りと2年目の展望

私、2021年7月より独立開業しましたので、2022年6月をもって丸1年が経過しました。

今回、1年間の振り返りをしようと筆を執っています。

過去の記事において、
2021年の年末の記事「アウトドアビジネス特化公認会計士、独立開業6ヶ月の軌跡」では、
独立までの準備期間~開業準備期間~独立後現在において、どのようなことを思い、学び、実践してきたか、について書きました。

2022年の年初の記事「アウトドアビジネス特化公認会計士、2022年の展望」では、
今後の展望及び2022年の抱負について書きました。

今回の記事は、それらと重複するところはありつつ、独立開業1年を経過した現在考えていることを報告します。

(1)アウトドアビジネスへの思い

 

私は「豊かな自然の中での非日常体験が人生を豊かにする」とアウトドアの価値を信じています。

「日本のアウトドアレジャーを元気にしたい」という思いから、”アウトドアビジネスに特化”して、中小・ベンチャー企業の財務の支援を行っています。

これまでのビジネスキャリアにおいて私が培ったものとして
・公認会計士として培った会計・財務の知識・経験
・ベンチャー企業CFOの経験により、企業経営の経験、バックオフィスの実務~マネジメント経験
があり、
これを活かして多くの中小・ベンチャー企業の支援をしたい、というのが私の思いです。

それにあたって、業種を特化する必要はありません。
どんな業種の企業でも、私は支援することができます。

それでもアウトドアビジネス企業に特化して支援する理由。
それは、「日本のアウトドアレジャーを元気にしたい」という思いからです。

私は誰を幸せにしたいか、という問いを自分に投げかけた時の答えが、
「日本のアウトドアレジャーを元気にしたい」と思っている企業様を幸せにしたい、という答えになります。

このように、私はアウトドアビジネスに特化して支援しています。そのため間口を狭めていることになります。
もしアウトドアビジネスに特化していなければ、この1年間で頂けたご縁ももっと多かったかもしれません。

しかしながら短期的な数字目標や規模の拡大を望んではおりません。
ニッチな分野においてナンバー1・オンリー1の存在になれるように、自分を磨き、自分を認知してもらうことを地道に継続していくことが重要だと感じています。

 

(2)もはやアウトドアの専門家??

 

自らの認知の向上について

自社のホームページのアクセス数が徐々に増えてきています。

アクティブユーザー数が今年の4月ぐらいから大きく伸びています(数字は非表示)。

アクティブユーザー数の推移

情報発信については、ブログ記事を月に2~3記事のペースでアップしています。

1年間で28記事アップしましたが、
中でも閲覧が多い記事が、
「アウトドアレジャー・キャンプ業界」についてです。

ブログ記事一覧(2021/7月~12月)

ブログ記事一覧(2022/1月~6月)

CFO関連の記事も多数アップしていますが、閲覧が多いのは、

アウトドアレジャー・キャンプ業界関連の記事 >> CFO関連の記事

です。

この点からも、

公認会計士 × CFO

だけでは認知がされにくく、

公認会計士 × CFO × アウトドアビジネス

というポジショニングにすることの意義があると言えるかもしれません。

 

Google検索における表示回数・クリック回数の推移についても、今年の4月ぐらいから大きく伸びています(数字は非表示)。

Google検索表示回数・クリック回数の推移

 

そして、Google検索におけるクリック回数の多いワードのランキングがこちらです。

クリック数上位検索ワードと掲載順位

これらのワードをGoogleで検索して頂くと、私の書いた記事が上位に表示されるという、ありがたいことになっています。

もはや、私は公認会計士なのか、アウトドアの専門家なのか。。

 

(3)WEBメディア連載の効果やいかに?

 

2022年1月~2月、幻冬舎ゴールドオンラインにて、
アウトドアビジネス特化公認会計士が語る「アウトドアビジネスの現状と可能性」
というテーマで、4回に渡り連載記事を書かせてもらいました。

幻冬舎ゴールドオンライン連載

自社ホームページ上での情報発信ではなく、大手出版社メディアでの情報発信を行うことについては、良い点も微妙な点も双方あると考えています。

【良い点】
・万単位のページビュー。自社ホームページと比較して圧倒的に多くの読者に読んでもらえた。
・大手出版社・メディアに記事を掲載することによる知名度アップ。

【微妙な点】
・自社サイトへの流入が増えない。
・読み手がどこまで専門家としての私個人を認知してくれたか微妙(「幻冬舎の人」くらいにしか見ていないかも)。

 

(4)電子書籍出版は難しくない!

 

2022年5月からKindle(Amazonプラットフォーム上の電子書籍)で電子書籍の出版をしました。

現在2冊を出版しました。今後も続けていきます。

電子書籍出版一覧

電子書籍出版の狙いは、「Amazonプラットフォーム上での認知拡大」です。
自社ホームページでの情報発信とSEO対策は、Googleプラットフォーム上で認知拡大を狙っていますが、
専門情報を得たいユーザーが書籍を検索する際の目に触れるよう、Amazonプラットフォーム上で認知を拡大したい、という狙いです。

印税で儲けようとは思っていません。

ちょくちょく「出版したのですね、すごいですね」と言われます。

ありがとうございます。しかしながら、電子書籍出版は全然難しいことではないです、謙遜なしに。

ブログで情報発信を行っているので、その延長線上で、もうひと手間かければ、誰でも電子書籍の出版はできます。

電子書籍の出版に興味のある方はお話しできますのでお声がけください。

「そこまでスゴイことではないと自分では思っていたが意外に周りから「スゴイ」と思われる」、というのが、電子書籍出版の効果の1つなのかもしれませんね。

 

(5)WEBメディア掲載、ありがたい!

 

3件のWEBメディアに取り上げて頂きました。

掲載メディア一覧


「ちょっと変わったキャリア」
「トガッたことしている人」
という観点で注目頂いているのは大変ありがたいです。
キャリアを考えるみなさんのお役に立てれば、それだけでもうれしい限りです。

 

(6)ブランディングに注力

 

以上、ここまで独立開業1年で取り組んでいることについて報告しました。

何を意識しているかというと、要するに、ブランディングを意識し注力しています。

公認会計士 × CFO × アウトドアビジネス

というオンリーワンの存在としてブランディングです。

 

プライベートでもアウトドアが好きなので、アウトドアを楽しむこともまた、自分のブランディングにプラスになればいいかなと考えています。

夏はキャンプ、冬はスノーボード。

そんな生活を実現するためのアイテムとして、キャンピングカーを購入しました。
発注後1年半待ちに待ってようやく2022年6月に納車しました。

キャンピングカーといっても軽キャンピングカー(軽キャンパー)といって、見た目は軽ワゴンの小さいものです。

軽キャンピングカーで、アウトドアしたり、中で仕事したり。
心からアウトドアを楽しみながら、かつビジネス上のブランディングにもなれば、と考えています。

キャンピングカーについて、「なぜ買ったか」「どう楽しむか」等、また別の記事で書きたいと思います。

 

(7)新たな挑戦

 

新しい挑戦をしようとしています。

これまで私のキャリアにおいて、

公認会計士

公認会計士 × CFO

公認会計士 × CFO × アウトドアビジネス

とポジショニングを変えてきましたが、

公認会計士 × CFO × アウトドアビジネス × ??

もう一つ、武器を持とうと考えています。

詳細はまだ公表できませんが、また報告させてもらいます。
一部の方にはお話ししてはいますが。
あと年初のブログの隅っこに書いていたりしますが、そこまで見ませんよね。

今後も良い報告ができるよう、これからも楽しみながら努力を重ねてまいります。

これからも温かく見守りいただけますと幸いです。

 

そとCFO公認会計士 村瀬功

そとCFO公認会計士 村瀬功

日本で唯一のアウトドアビジネスに特化した社外CFO

1980年富山県生まれ、広島県育ち。東京大学経済学部卒。公認会計士・認定事業再生士。経営革新等支援機関。
社内にCFOが居ない中小・ベンチャー企業に対して社外の立場からCFO機能を担う、日本で唯一のアウトドアビジネス専門の社外CFO。
「豊かな自然の中での非日常体験は人生を豊かにする」と価値を信じ、アウトドアビジネスの健全な発展に寄与することが自らの使命と感じている。

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問い合わせ